【ANA】BB-8 ANA JET 退役 そして次の日常へ

3月31日、BB-8 ANA JET(ボーイング777-300ER / JA789A)が退役した。ラストフライトはNH1414便の札幌(新千歳)-東京(羽田)線の臨時便で22時21分に羽田空港へ着陸した。

この日は早朝から、V2スポットに駐機したBB-8をV1スポットにはR2-D2(ボーイング787-9 / JA873A)と408番スポットにはC3-PO(ボーイング777-200ER / JA743A)が取り囲み、スターウォーズの特別塗装機(STAR WARS JETS)が3機並ぶという豪華な演出がなされた。こういうところがANAの素晴らしいところといえよう。ファンが喜ぶことを第一に。もちろん、安全が第一ではあるが、搭乗者にとって一生の思い出になるようにとの真心が伝わってきた。

BB-8の退役は多くのファンから惜しまれ、SNSでも惜別の投稿が多く見られる。まだまだ飛べる機体だし、早期退役に至ったことはとても残念なことではあるが、時の流れは止まることを知らない。年度も入れ替わった4月1日の雨の早朝、昨日熱い眼差しで眺めたV2スポットを見てみると、そこには「鬼滅の刃」じぇっと 壱(ボーイング767-300ER / JA616A)が出発を待っているのか、タラップを取り付けて駐機していた。

2022年4月1日、V2スポットに駐機している「鬼滅の刃」じぇっと 壱。[写真 : FUKAZAWA Akira]

日々繰り返される日常がそこにあった。雨の日も風の日の、晴れの日も、安全運航を第一に人々の思いを繋ぐフライトが繰り広げられてゆく。

BB-8の勇姿を心の中にしっかりしまって。今日という日を、またいつものように。

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy