【ANA】Green Jet 国内線専用機 SAFを搭載し初就航

「ANA Green Jet」国内線専用機の運航を開始。国内線の定期便としては初めて商業規模で生産されたSAFを搭載[写真提供 : ANA]

ANAは、持続可能な社会の実現を目指す「ANA Future Promise」をテーマとした特別塗装機「ANA Green Jet」2号機(ボーイング787-8型機、JA874A、国内線専用機)を2022年11月14 日から運航を開始した。

同年10月5日に就航した国際線機材と同様にCO2排出量削減に向けた技術や機内サービス品の活用など、さまざまな施策が展開されている。

初便となったNH253便 (羽田12:30発 – 福岡行き14:30着予定)では、国内線の定期便としては初めて商業規模で生産された持続可能な航空燃料のSAF (Susurainable Aviation Fuel) を使用した。SAFの搭載量は1,000リットル (羽田 – 福岡間の約10%強に相当)であった。

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy