【MRO Japan】機体整備工場見学ツアーがついにスタート!!

日本で唯一の航空機の整備および修理に関わる事業を沖縄・那覇空港で展開するMRO Japanは5月16日、ANAあきんどと組んで機体工場見学ツアーをスタートさせた。

MROとは、Maintenance(整備)、Repair(修理)、Overhaul(オーバーホール)の略で、MRO Japanは前身であるANAグループの整備会社からの整備実績を礎に2015年大阪伊丹空港の地で設立され、2019年にいまの沖縄・那覇空港へ移転している。

今回スタートした機体整備工場見学ツアーは、MRO Japanにとって初めての実施となり、2022年5月16日(月)〜2022年7月29日(金)の平日{※土・日・祝日を除く}の期間で行われる予定。

【午前の部】と【午後の部】の2回実施されるが、【午前の部】は7月1日(金)〜7月29日(金)のみの開催で、見学ツアー初日の今回は【午後の部】のみ行われた。

那覇空港1階の那覇バスカウンターに集合後バスにてMRO Japanへ移動。セミナールームで施設概要などの説明(30分ほど)を受けた後、格納庫内を見学(50分ほど)するツアーとなっている。

格納庫には、ANAのボンバルディア Q400、ソラシド・エアのボーイング737-800、AIRDOのボーイング767-300ERの3機がドッグインしており、いずれもC整備(1〜2年ごとにおよそ10日ほどかけて行う点検・重整備)が実施されていた。

プロジェクターを使用してのMRO Japan の施設概要などの説明を30分ほど行った。[写真 : FUKAZAWA Akira]
格納庫へ。No.2 Dockにはソラシド・エアのボーイング737-800型機(JA813X)がC整備中。[写真 : FUKAZAWA Akira]
No.1 DockではAIR DOのボーイング767-300ER(JA605A)のC整備風景を臨場感たっぷりに見ることができた。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
中型機とはいえ、直近で見ると767も迫力がある。[写真 : FUKAZAWA Akira]
取り外してあったフラップが。マニアにはたまらない光景の連続。[写真 : FUKAZAWA Akira]
No.3 DockにはANAウイングスのボンバルディア Q400 型機(JA465A)がC整備中。部品が外されて隅々まで整備している様子を目の当たりにした。[写真 : FUKAZAWA Akira]

MRO Japanの機体整備工場見学ツアーの詳細、予約はこちらの専用サイトから

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domtour/theme/mro_japan/

申し込み期間は、出発日の前日から起算して8日前の17:00までとなっている。日によってはまだ予約枠に余裕があるとのことなので、要チェックだ!

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy