【ANA】フランクフルト便はウイーンでのテクランも。ヨーロッパ便は中央アジアルートにて運航〈3月16日〜3月26日〉

ANAは現在のロシア・ウクライナ情勢を鑑みて、ヨーロッパ便の飛行ルートはロシア上空を通過する通常ルートとは異なる中央アジアルートで運航する。通常より長時間の飛行時間となり、出発、到着時間の変更、遅延が発生する場合があるとしている。

なお、フランクフルト便は、旅客・貨物の需要に応じて、直行便とウイーンでの途中給油(テクニカルランディング)を活用して運航する。

ウイーンにて途中給油する理由としては、東京-フランクフルト間は1日2便の運航規模だったが、現在は1日1〜2便となっており、東京-ロンドン・パリ便は欠航せざるを得ない状況から、限られた運航便数の中で、東京-ヨーロッパ間の旅客移動や貨物輸送を最大化したい考えだ。その輸送量の最大化により機体の総重量が増加するため、燃料消費も大きくなり、途中給油が必要となるからとしている。

ANAでは、定期便就航地のウイーンにおいて、安定的に途中給油ができる体制を整えることができたために、今回の決断となった。ウイーンでは旅客の乗降や貨物の搭載は行われない。

なお、ブリュッセル便は、直行便にて運航する。

日本発便のフランクフルト線スケジュールの例としては

3月18日

ANA 1923便 羽田 08:55 (23:55Z) → ウイーン 15:55(14:55Z)

ANA 1925便 ウイーン17:40(16:40Z)→フランクフルト 19:15 (18:15Z)

Z : グリニッジ標準時

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy