【JAL】ボーイング787 JAL就航10周年記念チャーター 羽田発着で実施

JALは2022年5月28日、同年4月22日に就航から10周年を迎えたことを記念し、羽田空港を発着とする「ボーイング787 JAL就航10周年記念チャーター」を実施した。

フライト前に希望者はJAL SKY MUSEUMを見学。客室乗務員の歴代制服など熱心に見学する姿も。

チャーターフライトのゲート前には就航当時の広告やグッズなどを展示。また記念する横断幕への寄せ書きコーナーも設置され、参加者が思い思いのメッセージを記入していた。

搭乗スポットは40番。この「ボーイング787 JAL就航10周年記念チャーター」を祝福するかのような快晴の空に下、オープンスポットでの搭乗となった。

フライトではJALのボーイング787の営業運航初便となった2012年4月22日の成田 – ボストン線を担当した機長と客室乗務員によるトークが行われ、就航当時のエピソードや機内照明カラーの説明などが行われた。

ビジネスクラスでは就航時のメニューを再現した機内食が提供された。またエコノミークラスではボストンをイメージしたというオリジナルの機内食を提供。

まさにこの「ボーイング787 JAL就航10周年記念チャーター」でしか味わえない機内食を楽しんだ。

約3時間30分にわたるフライトの航跡は、787にちなんで「8」が描かれていた。

参加者には「787部品を使用した整備士お手製キーホルダー」や「ミニモデルプレーン」、「搭乗証明書」、「10周年記念ステッカー」「10周年ロゴ入りトートバッグ」「お箸&ステッカー」が配布された。

フライト前にはJAL SKY MUSEUMを見学。[写真 : JAL提供]
搭乗口前に展示された就航当時の広告や787のモデルプレーン。[写真 : JAL提供]
横断幕への寄せ書きコーナー。参加者は思い思いのメッセージを書き込んだ。[写真 : JAL提供]
オープンスポット(40番)からの搭乗シーン。見事に晴れ渡った。[写真 : JAL提供]
チャーターフライトを担当する機長も手を振ってお出迎え。[写真 : JAL提供]
初便となったボストン便の初便を務めた機長が当時のエピソードなどを披露。[写真 : JAL提供]
同じく初便のボストン線を担当した客室乗務員もスペシャルトークを披露。[写真 : JAL提供]
ビジネスクラスで提供された機内食は、初便のボストン線で提供された当時のメニューを再現。[写真 : JAL提供]
エコノミークラスではボストンをイメージしたオリジナルの機内食が提供された。
[写真 : JAL提供]
エコノミークラスでの機内サービスの様子。[写真 : JAL提供]
機内ではクイズ大会も行われた。[写真 : JAL提供]
787にちなんで大きく「8」の字の航跡を描いて再び羽田へ。[写真 : JAL提供]
約3時間30分のフライトを終えて羽田へ。オープンスポットでの降機シーン。
[写真 : JAL提供]
参加者に配布された記念品の数々。[写真 : JAL提供]

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy