【JAL】PW4000エンジン ボーイング777-300型機 (JA752J)が離日

羽田空港 214番スポットで出発準備を進める777-300 (JA752J)[写真 : FUKAZAWA Akira]

JAL国内線の幹線で活躍し、2021年4月に退役していたPW4000エンジン搭載のボーイング777-300型機 (JA752J)が2022年8月30日午前1時過ぎ、羽田空港から離日した。

羽田空港のJALメンテナンスセンター前の214番スポットからプッシュバック。C滑走路 (RWY16L)から8月30日1時34分に離陸した。

JL8132便として経由地のホノルルへと飛び、8月30日の日本時間の午前9時ごろ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に到着予定。

2022年8月29日0時55分、タラップが外された[写真 : FUKAZAWA Akira]
8月30日1時16分、アンチコリジョンライト点灯[写真 : FUKAZAWA Akira]
8月30日1時18分、プッシュバック[写真 : FUKAZAWA Akira]
整備士が多く立ち会っているのがわかる[写真 : FUKAZAWA Akira]
8月30日1時23分、タキシング開始。整備士たちが大きく手を振って送り出した[写真 : FUKAZAWA Akira]
8月30日1時32分、C滑走路 (RWY16L)へ向けてタキシング中[写真 : FUKAZAWA Akira]
8月30日1時34分、C滑走路 (RWY16L)で離陸滑走開始 [写真 : FUKAZAWA Akira]

JA752J、お疲れさまでした

そして、ありがとうございました!

JAL国内線幹線で多くの人と貨物、想いを乗せて飛び続けていたJA752J[写真 : FUKAZAWA Akira(2018年6月撮影)]
JAL国内線幹線で多くの人と貨物、想いを乗せて飛び続けていたJA752J[写真 : FUKAZAWA Akira(2018年6月撮影)]

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy