【JAL】「航空サブスクサービス」実証実験第2弾を実施

JALとKabuK Styleは、第2回「航空サブスクサービス」実証実験を実施し、6月22日(水)より参加者の募集・予約を開始する。

この実証実験は第1弾として2021年8月〜11月に500名を対象として実施した「航空サブスクサービス」実証実験として行われた。その際、若年層が多く参加し、半数がワーケーション目的、行き先の分散など、航空サブスクサービスがもたらす効果が確認できたという。

一方で、この第1弾の実証実験結果を踏まえて、より柔軟な旅のスタイルに対応すべく、KabuK StyleはJALと国内線旅客取扱代理店契約を締結。HafH会員限定でのサービスを設計の上、次に挙げる点を更新した。

  1. 対象路線を羽田発着の10路線から、国内全路線(1部除く)となる143路線に拡大(2022年6月16日時点)
  2. 直行便往復限定から、片道や周遊での予約可能に
  3. 募集人数を500名から1000名に増員

第2弾の概要としては、この実証実験専用の3つのプラン

「JALで行く旅ライト」(月額29,800円)

「JALで行く旅スタンダード」(月額39,800円)

「JALで行く旅プレミアム」(月額82,000円)

のいずれかを選択することで参加できる。ただし、3ヶ月の継続が必要。

プランごとに付与されるHafHコインを使用して、航空券と宿泊を予約する。HafHの宿泊とセットを条件として、航空券予約申請は、1区間350〜600コインを使用する。

HarHコインについての詳細はこちら https://www.hafh.com/coin

「JALでサブスク」の専用サイトはこちら https://www.hafh.com/lp/jal/202206

さらに、この実証実験参加者は、初月に付与される「旅ガチャチケット」を使って1回、それ以降はHarHコインを300コイン消費して、片道航空券が1枚ゲットできるガチャをひくことができる。

さらに、HarHコインを1200コイン消費して5枚の片道航空券がゲットできる「JALで行く5 連周遊旅ガチャ」も用意。4つの行き先へ周遊した後、出発空港へと戻ることのできるこの実証実験ならではの旅ガチャだ。

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy