【JAL】ホノルル線予約好調 グループ合計で1日600名以上がハワイへ

ゴールデンウィーク前夜の2022年4月28日。かつての賑わいを取り戻しつつある光景が広がる羽田空港第3ターミナルの出発カウンター前で、JALの常務執行役員  越智 健一郎 旅客営業本部長がハワイ線の予約状況について説明を行った。

GW以降のハワイ線の予約状況・動向について説明を行うJALの越智 健一郎 旅客営業本部長。[写真 : FUKAZAWA Akira]

羽田発JAL便 JL8782 のボーイング777-300ER、成田発JAL便 JL8784 のボーイング767-300ER、成田発 ZIPAIR Toky 便 ZG2 のボーイング787-8 のJALグループ3便で合計が600人以上の搭乗者がハワイへと飛び立った。

羽田発のJL8782便はファーストクラス(JAL SUITE)8席、ビジネスクラス(JAL SKY SUITE)49席、プレミアムエコノミークラス(JAL SKY PREMIUM)40席、エコノミークラス(JAL SKY WIDER)147席の合計244席のボーイング777-300ER(JA732J、one world塗装)が使用され、幼児3名を含む214名が搭乗。

またこの日、成田発のZIPAIR TokyoのZG2便は、2020年12月19日の就航以来初めて搭乗者が200名を越えた。

なお、今後としては2022年6月には成田発が、7月には羽田発のホノルル線がデイリー運航になる予定で、ZIPAIR Tokyoも7月15日までは週3便の運航だが16日以降はデイリー運航される予定。

JALグループは、ゴールデンウィークで一気に盛り上がった国際線利用熱の高まりを、夏休み期間にも万全の体制で受け止める方針で、「やっと逢えるね、ハワイ」をキャッチコピーに夏休みの旅行に向けたお得なJALキャンペーン運賃の販売も開始。このハワイ線を皮切りに、海外渡航を熱望している人たちへのPRをしっかりと行い、国際線復活を主導していきたい考えだ。

かつての賑わいを取り戻しつつある羽田空港第3ターミナルのGカウンター。[写真 : FUKAZAWA Akira]
羽田発のJL8782便にはファーストクラスを備えたボーイング777-300ERを投入。着々と出発準備が進められている。[写真 : FUKAZAWA Akira]
112番搭乗口での羽田発JL8782便の搭乗シーン。幼児3名を含む214名が乗り込んだ。[写真 : FUKAZAWA Akira]
羽田発のホノルル便が並んでいる時間帯。これらの便が全便運航されて国際線が完全復活することを切に願う。[写真 : FUKAZAWA Akira]
離陸するC滑走路へ向かう羽田発のJL8782便の777-300ER。[写真 : FUKAZAWA Akira]

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy