【AIRDO】札幌(新千歳) – 福岡線 就航!

AIRDOは7月1日(金)より札幌(新千歳) – 福岡線を就航した(ANAとのコードシェア便)。AIRDOとしては初めての九州へのフライトとなる。

九州の経済と観光の中心都市である福岡に乗り入れることで、北海道との往来がますます便利で盛んになることを期待しての就航だ。

運航期間は2022年7月1日(金)〜2022年10月2日(日)の計94日間となっている。それ以降の運航継続は現時点で未定で、今後の需要状況を見極めての判断となりそうだ。

使用機材はボーイング737-700型機で座席数は144席。初便にはJA12ANが投入された。

運航ダイヤは1日1往復2便で、次の通り。

2022年7月1日(金)〜8月4日(木)、8月16日(火)〜10月2日(日)

ADO 114 新千歳 9:35発 – 福岡 12:00着

ADO 113 福岡 12:35発 – 新千歳 14:55着

2022年8月5日(金)〜8月15日(月)

ADO 114 新千歳 10:00発 – 福岡 12:25着

ADO 113 福岡 13:00発 – 新千歳 15:20着

ちなみに、AIRDOの新規路線就航は2015年10月に就航した札幌 – 広島線、札幌 – 名古屋線、函館 – 名古屋線以来約7年ぶりで、新千歳発福岡行きの路線はAIRDOの他にもANA、JAL、ピーチ、スカイマークがそれぞれ就航しているが、その中でAIRDOが一番早い時間帯での運航となる。

初便の福岡行きの出発に先立ち、新千歳空港の7番搭乗口前にて就航記念式典を開催した。

就航記念式典で主催者として挨拶をするAIRDOの草野晋代表取締役社長。「北海道と九州の交流を増加させ、両地域の活性化に貢献したい」と語った。[写真 : FUKAZAWA Akira]
来賓として祝辞を述べた国土交通省 東京航空局 新千歳空港事務所 荒上 功 空港長。「この新規就航はコロナ禍からの復活、発展へ向けた第一歩だ」と語った。[写真 : FUKAZAWA Akira]
新規就航を記念してテープカットが行われた。[写真 : FUKAZAWA Akira]
AIRDOのスタッフが横断幕を持って福岡行き初便の搭乗者を見送った。AIRDOのマスコットキャラクターのベアドゥも駆けつけた。[写真 : FUKAZAWA Akira]
搭乗ゲート内で福岡行き初便の搭乗者に記念品を手渡すAIRDOの草野晋代表取締役社長とスタッフ。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
配布された記念品の数々。[写真 : FUKAZAWA Akira]
出発する福岡行き初便を横断幕を持って見送るAIRDOの草野晋代表取締役社長とスタッフ。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
128名(幼児1名含む)を載せて福岡へ向けて出発するボーイング737-700型機(JA12AN)。
[写真 : FUKAZAWA Akira]

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy