【ソラシドエア】JR川崎駅構内で期間限定『ソラシドマルシェ』開催中!

ソラシドエア(6J/SNJ)は、3月11日(金)〜13日(日)の3日間、JR川崎駅中央南改札コンコースおよび川崎駅に隣接する「ホテルメトロポリタン川崎」の特設会場にて『ソラシドマルシェ』を開催している。

鉄道駅構内で『ソラシドマルシェ』が開催されるのは今回は初めて。[写真 : FUKAZAZWA Akira]

ソラシドエアは、宮県と川市との間で締結されている連携協力協定「(さきさき)モデル」の趣旨に賛同、昨年もホテルメトロポリタン川崎と連携して、宮崎のPRを実施している。今回はホテルメトロポリタン川崎で開催中の「宮崎フェア」と時期を合わせて『ソラシドマルシェ』を開催することとなった。

ソラシドエアは空陸一貫高速小口貨物輸送サービス「ソラチョク便」で、産地直送を行っている。今回はこの「ソラチョク便」を使用して、地元宮崎県の朝どれの新鮮な食材を、13時頃に宮崎空港から羽田空港へ到着するソラシドエアの便で輸送し『ソラシドマルシェ』へと並べられる。

『ソラシドマルシェ』自体は2017年から、空港内などで開催している実績はあるものの、鉄道の駅構内での開催は今回のJR川崎駅中央南改札コンコースが初となる。

ソラシドエアは宮崎県宮崎市の本社があり、地域に深く根ざし、地元の農家や商店と手を取り合って地元の価値を共創していくことを目指しており、今後は物販の分野も広げていきたい考えだ。

そこで今回の『ソラシドマルシェ』は、1日の平均乗車人数が16万人近くに達するJR川崎駅構内で開催することにより、宮崎県としてのPRに加えて、シラシドエアの更なる認知度アップや『ソラシドマルシェ』による商品の売り上げ動向などをリサーチする実験的意味合いも含んでいる。

ソラシドエアの客室乗務員の間で「宮崎での折り返し時間に余裕があるときには買う!」という人が多いという大人気の『和風チーズ饅頭』。JR川崎駅構内の『ソラシドマルシェ』では14:00から買うことができる。賞味期限が2日しかないため、普段の航空利用者は宮崎空港や宮崎駅などでお土産として購入するしかなく、首都圏で購入できる機会はとてもレア。「ソラチョク便」 による空輸の強みだ。[写真 : FUKAZAWA Akira]
平均糖度15度以上の宮崎県産完熟いちご「ひめこいち」。[写真 : FUKAZAWA Akira]
ソラシドエアが力を入れている「ソラチョク便」。朝取れの新鮮な食材を宮崎から羽田へ空輸して、当日中に届けるサービスだ。[写真 : FUKAZAWA Akira]
完熟ミニトマト「べにすずめ」。糖度は10度で、トマト嫌いでも食べられうかも!?。取材のあとに食べてみましたが、トマトの豊かな香りが口いっぱいに広がる美味しさでした。[写真 : FUKAZAWA Akira]
1日の乗車員数が16万人弱に達するJR川崎駅。『ソラシドマルシェ』が鉄道駅の構内で開催されるのはこれが初めて。多くの人たちの接点を持つ意味合いもある。[写真 : FUKAZAWA Akira]
宮崎といえば「日向夏」。白皮と果肉を一緒に口に入れると、さわやかな香りと白皮の甘み、それに果肉の酸味の調和がたまらない。[写真 : FUKAZAWA Akira]
ロングセラーとなっている「ソラシド ソラスープ」(左)と「 シードスマイルズ マーユクリーム」(左)のソラシドエア機内販売商品も並ぶ。[写真 : FUKAZAWA Akira]
JR川崎駅中央南コンコースの『ソラシドマルシェ』は3月11日(金)〜13日(日)の11:30〜19:30で開催。なお、初日である11日の19:00には通勤者の帰宅時間帯ということもあり、大盛況となっている様子も伝え聞くことができた。[写真 : FUKAZAWA Akira]
地元のさちをソラでつなぐ「ソラチョク便」。〜ソラシドエアからはじまる地元をつなぐ新しいソラのカタチ〜 空陸一貫小口貨物輸送サービス「ソラチョク便」についての詳細は下記のURLから。[写真 : FUKAZAWA Akira]

https://www.solaseedair.jp/solachokubin/

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy