【Air Japan】新ブランドとして2023年度下期に国際線就航

ANAホールディングス株式会社及び株式会社エアージャパンは、新しく中距離国際線を運航する新ブランドの名称を『AirJapan』に決定し、ロゴの商標出願を実施した。今後国際線の需要回復動向を注視しながら、2023年度下期の就航を予定している。

機材はボーイング787-8を使用する。気になる機体デザインはこちら。

とても優しい色使いである。ブランドカラーは日本の伝統色である「藍色」と「曙色」を組み合わせている。「藍色」は日本の伝統芸能の1つである藍染の巧みで丁寧な技法ということで(Trust & Toughtfulness)を表現。「曙色」は日本の四季の中から、春の日の出の色を選定し、心地よい暖かさ(Comfort & Care)を表現している。

ブランド・コンセプトは「Fly Thoughtful」。「Thoughtful」には気遣いや思いやり、やさしさという意味がある。

ブランドロゴはこちら。

ブランド名の『Air Japan』は、世界中の人々から〝 日本のエアライン〟であること、また安心のJapan Quality (日本品質)をシンプルにわかりやすく伝えるために決定した。

ロゴは『Air Japan』の「r」と「J」の部分をモチーフに、手と手が織りなすやさしさ「Thoughtful」をイメージしている。

売りは「居住性」ということで、シートの詳細や路線展開含めて、今後の発表を心待ちにしたい。

コンセプト動画
© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy