【ジェットスター・ジャパン】エアバスA321neo(LR)初号機 7月運航開始

ジェットスター・ジャパンはエアバスA321neo(LR)初号機を、7月1日(金)に運航を開始することを発表した。新機材導入を契機に、ジェットスター・ジャパンはコロナ禍からの迅速な回復と今後の成長を目指す。

また、A321LRは外観デザインを一新。ジェットスターのコーポレートカラーであるオレンジ色の尾翼と機体の下部およびシャークレットに入ったジェットスターロゴが特徴となっている。

なお、塗装工程において2層によるコーティングシステムを新たに導入。より塗装が長持ちすると同時に塗料の重量を最大で30%削減。燃料効率を向上して、CO2の排出も削減する。

A321LRは国内の定期便において運航する予定で、7月1日(金)より、東京(成田)=福岡線のGK503/502便、東京(成田)=札幌(新千歳)線のGK111/110便、同GK119/120便において運航開始予定。

東京=福岡 / 札幌路線における全座席提供数が約7%増える。

A321LRの詳細情報はこちら https://www.jetstar.com/jp/ja/about-us/our-fleet/airbus-a321neo-lr

ジェットスター・ジャパンは2022年7月3日(日)に就航10周年を迎えることを記念して、A321LR初の運航となる成田国際空港発着の周遊フライトを6月30日(木)に運航する。

詳しくはこちら https://tour.jetstar.com/a321_tour.html

また、ジェットスター国内往復ペア航空券が当たる「#空旅ノート」キャンペーンを4月14日(木)から5月16日(月)まで開催。

詳しくはキャンペーンページを参照 http://d1y2knuk4g2jk7.cloudfront.net/10thBD/SoratabiNote/

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy