【スターフライヤー】ジャパネットと資本業務提携を決定

ジャパネットと資本業務提携を行うことを決定したスターフライヤー[写真 : FUKAZAWA Akira]

スターフライヤーとジャパネットホールディングスは、機内エンターテインメントサービスや物販事業、旅行事業における連携強化などを目的とした資本業務提携を行うことを、2022年8月26日に決定した。

今後ジャパネットは、アドバンテッジアドバイザーズ株式会社がサービスを提供するファンドである投資事業有限責任組合 IXGSIII号が保有するスターフライヤー普通株式及びスターフライヤー第 4 回新株予約権の一部を行使して取得する普通株式を取得し、議決権比率 14.2%の株主となる予定。

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy