【シンガポール航空】7月7日よりチャンギ空港にてSAFの使用を開始

2022年7月7日、シンガポール航空とシンガポール民間航空庁(CAAS)、GenZero社は、チャンギ空港の給油システムを通じて混合処理された持続可能な航空燃料(SAF : Sustainable Aviation Fuel)の使用を開始し、シンガポール航空およびスクートの出発便に供給された。

シンガポールでのSAFの利用を促進するための試験運用は新たな段階に入った。この試験運用では、シンガポールのエクソンモービルの施設で、1,000トンのNeste社製ニートSAF(混合していない、まだ希釈していない持続可能な燃料)が精製されたジェット燃料と混合される。

これによって2,500トンの二酸化炭素排出量が削減される見込みだ。

2022年7月7日SAFを出発便へ搭載。
写真中央 : シンガポール航空シニアヴァイスプレジデント・コーポレートプランニング リー・ウェンフェン
[シンガポール航空提供]

You might like

© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy