【ルフトハンザ】ジャンボ(B747-8)が羽田に帰ってきた!

2022年6月3日、日本の空に再びルフトハンザのジャンボ(B747-8)型機が日本の空に戻ってきた。写真は羽田空港からフランクフルトへと飛び立つLH717便(D-ABYK)。定刻よりもやや遅れて12:12頃、C滑走路(RWY16L)を離陸した。貨物搭載量が多いようで、離陸滑走距離も長く低い離陸であったが、展望デッキからはジャンボの姿を撮ろうと多くのヒコーキファンが駆けつけていた。

ほぼローリングで離陸滑走に入ったルフトハンザのB747-8(D-ABYK)。2021年7月以来の飛来となった。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
この勇姿をヒコーキファンは待ち望んでいた。展望デッキも多くのファンが詰めかけていた。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
フランクフルトへ向けて力強くエアボーンするルフトハンザのB747-8。6月1日からはミュンヘン線も運航を再開している。
[写真 : FUKAZAWA Akira]
© 2022 Aviation Picks - WordPress Theme by WPEnjoy